食べるダイエット

Night and Day

プラスチックかと思ったら人間でした

さらばムカデ!!

www.youtube.com

 1と2を見たからには3も見るしかないという謎の義務感に襲われ、ようやくムカデ人間3を見ました。

割と有名な映画ですら3ヶ月遅れは当たり前、最悪だと配給すら無いというわたくしの地元で見られる訳もないので、楽天SHOWTIMEの有料動画配信で。
っていうか長野県自体、ムカデ人間3を上映している映画館が無いんだもんorz
県内でポルノ映画を上映しているアングラな映画館がひとつだけあるらしいのですが、ここの映画館でこういうB級ホラーも扱ってくれたら結構人気出ると思うんだけどなぁ。

今回の舞台はアメリカの刑務所なのですが、1でハイター博士を演じたディーター・ラーザーさんが刑務所の所長ビル・ボスを、2でマーティンくんを演じたローレンス・R・ハーヴェイさんが所長の側近(会計係)ドワイトを、1でムカデの先頭を演じた北村さん、2でマーティンくんの主治医(変態精神科医)を演じたヒゲの人も囚人役で登場と、シリーズを見て来た人にとっては同窓会さながらの懐かしい顔ぶれでもあり、ムカデオールスターズと言った感じで、緑山スタジオに壮大なセット組んだろか!ってイキオイでした。
それぞれ旧役柄を思わせるシーンもあったりしましたね。

そして監督のトム・シックスさんも自ら監督(自分)役で出演。
HOSTELに出ていた三池崇史監督くらいのちょこっと出演具合かと思いきや、けっこうガッツリ出てる上に去り際に豪快な嘔吐までかますとは思ってもみませんでした。

こんなイケメソ監督の頭の中はインモラルな事とウ☆コでいっぱいだなんて思いたくない訳でありますが、相変わらずクソッタレな映画でした(笑)

世界各国で上映禁止、日本でも映倫さんが首をなかなか縦に振らなかったという2よりグロは抑えられていた印象でしたが、1とは打って変って饒舌な所長のサディスト(加えてレイシスト)っぷりには閉口いたしました。

「繋げる事」がメインなので仕方ないですが、1と2同様、3でもオチは弱かった印象。
それでも見終わった後は不快な余韻と同時に晴れやかな達成感も感じるのがムカデ人間
やったよ!私、やったよ!!

これはムカデ人間に限った事ではなくホラー全般に言える事なのですが、良く言う怖いモノ見たさってヤツなんだろうなと思います。

これでムカデ人間は完結らしいですが、うっかり4とか公開されちゃったらきっと見ちゃうんだろうな。

ところで海外で発売されたムカデ人間DVDボックス(ブルーレイかも)の特典として2のカラーばーじょんが収録されているらしいけど正気か!

・・・でも、機会があったら挑戦してみたいかも(笑)

 

 

広告を非表示にする